2016年01月06日

ローマで日本人スリ逮捕 「地下鉄の忍者」

ローマの警察当局は12日、ローマ市内の地下鉄駅で30代半ばの日本人の男をスリの疑いで現行犯逮捕した. 「少なくとも1カ月前から地下鉄でスリを繰り返していた常習犯」としている. 地元紙は、男が細身のスキンヘッドで、アジア人的な風貌(ふうぼう)から「地下鉄の忍者」のあだ名で乗客に恐れられていたと伝えている. 警察は男の氏名などを明らかにしていない. 1978年生まれという. 観光名所「トレビの泉」や映画「甘い生活」で有名な高級ホテル街のベネト通りに近いバルベリーニ駅で、乗客から携帯電話を盗んだ直後に取り押さえられた. いつも同駅と隣駅との1区間で活動していたという. 最近ローマでは東欧系のスリが多く、男性は目立っていたという. 地元紙は、男が2011年の東日本大震災後にイタリアに来ていたことも話題にしているが、警察当局は「ツナミは(スリの動機と)関係ないようだ」としている. サッカースパイクf50 (ウィーン=喜田尚).
posted by HiraseKeiko at 14:19| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください